彩華-SAIGA-イメージ

彩華-SAIGA-

九谷焼ボールマーカー

350年の歴史が育む、日本の美「九谷焼」。その伝統を受け継ぐ作家が、一つ一つ心を込めて絵付けしたボールマーカーです。プレミアムジャパンの粋なアイテムで、グリーンに彩りの華を咲かせてください。

九谷焼ボールマーカー +

ステンレスクリップセット

[セット内容]

九谷焼ボールマーカー1個、ステンレスクリップ1個

[ 品番:KSシリーズ、KKシリーズ、AKシリーズ、TSシリーズ、YK001~016、YK24〜25、YY001~002、YY009〜010、HTシリーズ ]

希望価格:¥8,000(税抜)

[ 品番:YK017〜YK019、YY003〜YY008 ]

希望価格:¥11,000(税抜)

※山中國盛シリーズの一部(YK020~023)、仲田錦玉シリーズ(NK001~023)、針谷絹代シリーズ(HK001〜006)はお取り扱いしておりません。

九谷焼ボールマーカー +

レザークリップセット

[セット内容]

九谷焼ボールマーカー1個、レザークリップ1個

[ 品番:KSシリーズ、KKシリーズ、AKシリーズ、TSシリーズ、YK001~016、YK24〜25、YY001~002、YY009〜010、HTシリーズ ]

希望価格:¥12,000(税抜)

[ 品番:YK017〜019、YY003〜008 ]

希望価格:¥15,000(税抜)

[ 品番:NK001〜023、YK020〜023 ]

希望価格:¥18,000(税抜)

[ 品番:HK001〜006(加賀蒔絵) ]

希望価格:¥40,000(税抜)

【素材】
・マーカー:磁器(花坂陶石:九谷焼)または蝶貝、ステンレス、ネオジム磁石
・ステンレスクリップ:ステンレス、銅
・レザークリップ:牛革、ネオジム磁石

【サイズ】
[マーカー本体]
・直径:約25mm
・厚み:約4mm
・重さ:7.2g

彩華のこだわり

ステンレスクリップ

クリップ強度を保つためリブ加工を施しています。

レザークリップ

本革を使用しています。脱落を防ぐために、大口径で高品質なネオジム磁石を埋め込みました。

作家サインの刻印入りと高品質磁石

マーカーの裏には作家の手作り品の証し・手描きサインを刻印し、作品としての価値を上げています。磁石部分には高品質なネオジム(レアメタルとして有名です)を使用し落下を防いでいます。

サビを防ぐステンレス製に硬質クロームメッキ

金属素材にはすべて高価で加工の難しいステンレス(SUS430)を使用しています。通常はこの加工までですが、彩華はさらに硬質クロームメッキを施し鏡面仕上げをし、美しさと同時にサビ・キズを限りなく低減させ細部にまでこだわり抜いています。

使用イメージ

日々深まる味わい、本物の魅力が、和のテイストを品良く演出します。

ボールマーカーとは

ゴルフで使用される道具の一つです。

他の競技者の邪魔にならないように使用する目印のことで、主にグリーン上で使用するためグリーンマーカと呼ばれることもあります。

昔は、ゴルフ場などで提供されるもプラスチックのものを利用したり、コインや硬貨を用いたりすることが多かったのです。最近ではキャップに取り付けて使用するクリップマーカーが主流です。クリップマーカーとはクリップ状の台座をキャップのツバに取り付けて、マーカーを磁石でくっつけるというものです。このクリップマーカータイプは2003年頃から登場し、ファッション性も高く瞬く間にゴルファー達に定着しました。

急速に広まった最大の理由は、とにかく便利なことです。これまでのマーカーは、ポケットに入れている事が多いですが、ティーやボールなど入れるとジャラジャラとかさばり、スムーズに取り出せなかったりします。クリップマーカータイプは取り外しも取り付けもとてもスムーズで、プレーのリズムも良くなり集中力が高まります。

プロゴルフツアーを見ていても、プロゴルファーが使用するのを見てカッコイイというイメージがあり波及の大きな要因です。マークする度にポケットに手を突っ込む仕草をほとんど見なくなりました。

ボールマーカーとしてのこだわり

彩華-SAIGA-のボールマーカーは、ただの工芸品のレベルではありません。細部にまで一際の妥協を許さずに作り上げました。市場調査をおこないゴルフプレーヤの声を参考に限りなく問題を解決していきました。言わば工芸作家と工業製品の匠の技の融合によって作られたスーパージャパンなのです。

  1. サビの対策
    錆びにくい金属として高品質の日本製ステンレスSUS430を仕様しました。
  2. 落下・紛失への対策
    マーカーを良くなくすと言う声が多く、その原因は磁力が弱いせいで落下し紛失という結果になっていることが解りました。そこで彩華-SAIGA-には、高品質で強力な磁石としてネオジムを採用しました。このネオジムはレアメタルとしても最近は話題になりました。そのネオジムを大容積で搭載し、大切なマーカーを落下の脅威から極力防ぐことを選択しました。
  3. その他の細かな配慮とこだわり
    高品質マーカーとして、お客さまに長く綺麗に使っていただけるように考えステンレス表面へのキズ対策として、硬質クロームメッキ処理を施しました。電気メッキの中では、最も硬いメッキ加工処理で「耐摩耗性」「耐食性」に優れています。また、見た目も鏡面処理でピカピカと輝き非常に綺麗に仕上げています。さらに職人のこだわりとして端面まで磨き上げてその輝きを最大限に上げています。

これらのこだわりぬいたモノづくりで、多くのお客さまから高い評価を受けてきました。彩華-SAIGA-というブランドは世界に誇る日本のモノづくりの精神論として恥ずかしくないものに仕上げています。どうぞ最高級の日本製ボールマーカーを一度ご利用してみてください。きっと作家や職人の気持ちが高品質・高機能として伝わり満足がいくことでしょう。これからも長いお付き合いをしていただけると幸いに思います。

気になる「割れ」「色の違いによる見え方」について

芝生 赤

お客さまよりよく質問される内容は多くが「割れないですか」の質問です。今までにグリーン上で割れた報告は受けてておりません。我々も多くのテストを行っていますが、グリーンやコースの芝生の上では割れる事象は起きていません。

次に多いのは「色により見えにくいのがあるのではないか?」と言う質問です。
これについても実際のゴルフ場をお借りしてテストを行いました。画像ではわかりにくいですが、肉眼ではゴールド(金彩)が1番見えにくかったです。これはまわりの景色が金彩に映り込んで保護色の状態になりました。しかし太陽光があれば輝くのでそれほど心配はありません。以外だったのは色の暗いものです。実際のグリーンは季節にもよりますが、イメージよりもかなり黄緑色です。ですので青粒やモスグリーンの色合いは、予想よりも見た目は、かなり目立ちました。現在最も目立つ・見えやすい色は補色になる「赤系」。次に「白系」です。

実際に、どちらかというと金が映り込みにより最も見づらい
グリーン上で青粒のような緑色は意外に目立ちました。

また厚みがあるので、遠くに離れた時は特に見やすくなっております。

グリーンの上で厚みがある分、離れても認識しやすい